物質の元素で構成される世界

自然界の誕生をさかのぼると宇宙の誕生、真空の均衡が退け合ってシャンパンの泡1粒が、光速より速く一瞬で太陽系ぐらいになるほどのインフレーションがあったという理論があります。
宇宙のはじまり

海水には自然界にある元素のすべての種類が溶けていると言われています。金もごく微量溶けています。6割近くが塩素、3割がナトリウム。

 

 

熱帯のデザイントライバル

トライバルのタトゥー

美しい文様はファッション誌でも取り上げられておなじみかもしれません。 アニミズム的な、神と自然を愛する証のよう。 ボルネオ島や太平洋諸島の伝統あるタトゥー。トライバル模様のタトゥーデザイン。自然を崇拝しデザインされた曲線。 現代にも伝統を引き継いでトライバル模様のチタンリングなども登場している。 カロート人間のからだを用いて作品といってもいいようなタトゥーのラインが、勢いを帯びたラインと模様、ダイナミックなフォルムと美しいラインのフォルムが陰影のように流れる。 都会とはま逆の時間が流れているような地球の裏側の国までのアクセスがもしも短縮されたらどうなるでしょう。 地球の大きさが小さくなるってことになります。 月と地球との距離だってもっとアクセスがよくなる時代が来れば、距離が縮まるわけです。 将来もっと科学も進歩し、通信も進歩し、地球の裏側の南の島の自然崇拝の神の島の秘境も、意外と近くなって秘境じゃなくなってしまうかもしれません。文明の毒がまだ届かない僻地はもう南極大陸だけになってしまうのか。 自然は人のためにあるのではなく、人はあとからあとから遅れてやってきては去っていきます。 そうした命がずっと続きます。そして人が結婚し、指に指輪をはめてお互いを思います。進歩してもどんなに未来的な世界になってもそれはずっと続きます。

民族と歴史と金属の発見

日本の先住民族は南蛮経由の狩猟民族で、琉球とアイヌが最も古いとされ、あとから農耕民族が入ってきたと理解するとストーリーが想像でき、卑弥呼が なぞのままですが、狩猟民族と農耕民族の両方を和解もしくは制してあの純金の漢委奴國王印が出土します。はるか昔、紀元前から金がエジプトにあったわけです。そういう歴史と金属をみていくと古代からあった鉄、金銀銅に比べ、チタンなどはつい最近精錬できるようになって名前がつけられた新しい金属。もっと新しい金属というとタンタル、ニオビウム、パラジウム。そしてジュエリーのメッキで活躍するロジウム、ルテニウム。歴史が浅いのですから聞きなじみがないのも当然です。最も新しいハフニウム。ハフニウムは原発のためにジルコニウムから除外する必要性から生まれた不純物金属です。

天然なら安心とはならない理由

天然水の水質と水道水の水質は基準値

豊洲の地下水から検出されたヒ素の数値とミネラルウォーターに含まれるヒ素の数値は同等
六甲のおいしい水・・・0.004mg
ボルビック・・・0.009mg
豊洲市場地下・・・0.004mg

 

主な市販ミネラルウォーターの成分値

水道局の水道水の水道法の基準値はミネラルウォーターの食衛法の基準値の5倍厳格
ヒ素 水道法 0.01mg/l 食衛法 0.05mg/l
鉛  水道法 0.01mg/l 食衛法 0.05mg/l
亜鉛 水道法 1mg/l 食衛法 5mg/l


食品安全委員会

 
-->

[*なぜ存在量の豊富なチタンの方が希少なのか?]についてこちらをご覧くださいなぜチタニウムの方が高価なのか?

ダイヤモンドとゴールド(金)希少価値があるのはどっち?

どの金属が一番高級なのですか?

チタン、ジルコニウム、コルタン?

地下鉱物はあとどれくらい採掘される?

アフリカの地下資源

有害金属のパッチテスト もうやめよう

除外すべき皮膚検査、六価クロム、水銀、カドミウム、鉛

金属アレルギーと鉱泉に溶けているいろいろな金属イオン

温泉や天然鉱泉に溶けている天然のミネラルは金属イオンなので金属アレルギーになる可能性があります